読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Find me

みなみちゃんが書かないので僕が書きます

例の耳かきのやつ

こんにちは。

8月に2回ほど耳かき専門店に行ったのでレポです。


まず8月13日

秋葉原メイドさんが膝枕で耳かきしてくれるお店。

店名は出しませんが、ソファーにメイドさんが座り、その膝に横向きで頭を乗せて耳かきしてもらうスタイルです。30分3,200円也。

翌日コミケに行くことを約束した友人と秋葉原をふらふらしていたところ、まさかの友人側からのアプローチにより入店しました。

流れとしては...
メイドに部屋に案内されしばらく待つ
(完全個室でなく握手スペースのような形)

道具を持ったメイドが再度登場し雑談

タオルが敷かれたメイドの膝に横になる
(さらに顔の上からタオルをかけられる)

耳の周囲を拭かれる

綿棒でさわさわ

木の耳かきでさわさわ

梵天でさわさわ

耳の周りふにふに

施術終了。紙コップの御茶を飲み談笑。

以上です。。

これじゃない!!!

俺が求めていたものはこれじゃない!思ったより固い膝と入口を撫でるような耳かき!!酷い!!

話を聞くと女の子は新人だったようでそのせいかもわかりませんが、友人に聞いても奥まではやってもらえなかったそうで...。

店の方針として、「メイドコスの女の子の膝枕」に価値を置いているのでしょう。

期待はずれ感は否めませんが、目的さえはっきりしていれば悪くもないかなといったところ。

部屋にPCが設置してあったのは謎ですね。嬢の控え室は別にあるようですし。

ちなみに僕が一番ヘイトを溜めた部分は嬢のアニメ声と滑舌の悪さです。ゴミです。

あと、入口は完全に風俗店。

抵抗はあるかもしれませんが、店外デートなどもあるそうなのでオタクは行ってみてもいいんじゃないでしょうか。案外のめり込むかもしれません。


8月25日

リベンジ!!

秋葉原のときの友人を今度はこちらが誘い再チャレンジです。

お店は山本耳かき秋葉原総本店。
http://www.yamamotomimikaki.com/akihabara.html

浴衣の女性が耳かきしてくれる、所謂耳かき専門店。イメージ通りのものだと思います。

こちらも入口は完全に風俗店。

撫子コース60分5,200円を払い控え室で待ちます。

施術の流れは...
嬢と対面し部屋に案内される
(こちらも個室でなくカーテンで仕切られた空間)

御茶が用意され雑談

嬢の膝に縦(正座した膝と水平)に寝転がる
(顔にタオルを被せられる)

耳の産毛剃り、耳ツボのマッサージ

耳かき、綿棒を使った耳掃除

鼓膜マッサージ

フェイスマッサージ

膝枕から降りて寝転がりハンドマッサージ
(タオルは顔に被せられている)

起き上がり背中や肩、腰などのストレッチ

肩揉み、肩叩き

御茶を飲み談笑

最高すぎました...

俺の求めていたものはここにあった...

耳掃除の技術...浴衣美人...

母のパワーごり押しとは違う柔らかな施術...

最高...!!

一度行って損はないと思います。

女性にもおすすめです。絶対。

耳かきはもちろんですが、コース通して気持ちのいいものであり...

鼓膜マッサージは、耳の中に糸を垂らされ音叉(?)のようなもので発された音による振動でマッサージするというもののようです。痛くはありませんでした。

ハンドマッサージ、クリームを塗られ丁寧にほぐしてもらえます。女性の力が心地よい。

担当してくれた某芸能人ガチ恋お姉さんとのおしゃべりもとても楽しく...

若い方でしたがすでに2年勤めているということで安心感がありました。

お姉さんやばいタイプの人だったので、飲み会のネタにさせていただきます(笑)

以上、耳かき専門店のお話でした。

何人かのフォロワーさんにはレポしてくれと言われていたものの、僕の技量ではこれが限界です。ぜひ実際に行ってみてください。女性でも。損はしないです。

おわり

社会科見学

おひさしぶりです。

実に30日ぶりの更新になるようです。

書かなきゃ書かなきゃと思いつつ月日が流れていく、推しの気持ちに少しは寄り添えたかなと思います(真顔)

誰に求められてるわけでもありませんが...(笑)


8月4日(木)、とあるフォロワーの方のツイートをきっかけに、社会科見学へ行ってきました。

ジャジャン
f:id:nogi_hoshimina:20160819041424j:plain

ご存じでしょうか?
老舗ストリップ劇場浅草ロック座です。

ストリップとは、端的に言えば女性ダンサーがステージで音楽に合わせて裸になる過程を楽しむショーのことです。

ロック座は引退直前の上原亜衣が舞台に立ったことで話題になったりしました。


17時頃、フォロワー氏と浅草駅で待ち合わせロック座に向かいます。

雷門や仲見世通りを歩き少し行くと劇場が見つかりました。近くには寄席や演芸場もあり浅草らしい風景です。

祝花やダンサーの写真が並ぶ階段を登り入り口へ向かいます。

その様子は、さながらAKB劇場のような雰囲気です(行ったことはない)

入場料として学生料金4,000円を払い入場します。

ラウンジには自販機やライブハウスのような小さなカウンターがあり、扉を挟んで中からショーの音楽が聞こえていました。

ストリップ初体験のふたり、意を決してその扉を開けます。

薄暗い空間に100程度の座席、そして客席の方に張り出したステージでは色白の女性がステージを演じています。

音楽は忌野清志郎...


圧倒的でした。

その美しさに魅了され惹き付けられます。

埋まっていた座席は4割程度でしたでしょうか。とりあえず最後列の座席につくと、劇場真ん中のステージからバシバシと視線が飛んできます。

正直、もっと下品でエロいものを想像していました。

しかし、ステージに立ち、己の身体のみの表現で会場を支配するあの雰囲気は、もはや芸術と言って過言ではありません。

浅草ロック座では、1日に同じ公演が5回行われます。1つの公演で7人のショーが行われ、10分の休憩を含み1時間40分の構成です。

自分たちが入ったのは、3回目公演の第4景(4人目のパフォーマンス)でした。

ステージの作りは、分かりやすく言えばメインステージと、そこに花道で繋がったセンターステージって感じです。で、センステが中華テーブルのように回転します。

そこから3人のパフォーマンスを見終え、センステ正面の最前へ。

4回目公演が始まります。


まあ、刺激的。無修正。

顔に出さないようにしてましたがホクホクです。

芸術であり、エロスであり、神秘であり。

自分もあそこから生まれたんだなと思いながら見てました。


やはり何事に関してもプロというのはすごいですね。

出演者のなかでもっともベテランだったのは93年ステージデビューという方でした。圧巻です。

検索すればわかるのですが、大抵のダンサーはAVなどにも出演しています。

普段なんだかんだ文句をつけながら見ているAVですが、金を稼げる生身の裸体というのは特別なものです。

真っ白な肌に綺麗な背中、引き締まりつつもしっかりと肉がつき女性らしいラインが浮かぶ。

彫刻作品のような美しさを感じさせます。

ステージに立つ人間は輝く、アイドルもストリップも変わりませんね。

それ以上にステージに立つ資格を与えられた人間は特別な輝きを放っているのかもしれませんが...。

そこには常に見えない努力が土台として存在しているのも、きっと事実でしょう。

いつも通り、話の着地点が見えなくなってきました(笑)

もちろん普通に下半身にクるタイプのかわいいダンサーさんもいましたよ♪

もしこの記事でストリップに興味をもった方がいたらいっしょにいくので誘ってください。

記憶を頼りに書いたものの感想はだいぶ薄まってしまった...

何事もすぐに書くことが大事

吉田沙保里が逆転された...

http://asakusa-rockza.com/?lang=ja

おやすみなさい∩ω∩♪♪

のぎえいごのこうかいしゅうろくにいったよ

こんにちは。
1週間以上経ってしまいましたがのぎえいごの公開収録についてです。

7月12日火曜日、渋谷のスタジオで行われたのぎえいごの公開収録に参加してきました。


f:id:nogi_hoshimina:20160720162430j:plain

http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/v2475/

ちなみに当選者数は200名程度だったようです。

適当に書いていきます。

まず大きな印象として残っていることは、メンバー(というか出演する芸能人)は収録の現場ではお客様に近いということです。

非常に伝わりにくい感覚ではあるのですが、出演者とスタッフはひとつのチームで視聴者と対になる存在、というイメージを勝手に持っていました。

しかし、どちらかというと出演者もまた制作スタッフからは独立した立ち位置にいる、というのが現実のようです。

番組作りという観点からそこに出演者が関わることはごく稀なんだと感じました。

これについては良いとか悪いとかではなく、また僕の勝手な印象です。なにより他の収録現場や事前の打ち合わせなど知らない面はたくさんあるわけなので...

ここからはメンバー個人についての印象

北野日奈子
・かわいい
・基本的には常にニヤニヤ
・カメラがなくてもメンバーとわちゃわちゃ
・表情がコロコロ変わる
・必殺睨み顔
・好奇心旺盛な一方で集中力の欠如?カメラに向けて喋ってるときも手元が動いている、セットの飾りが気になって背を向けて弄っている、など
・MCのドランクドラゴン鈴木やスタッフとの距離感が近くてやきもきさせられる(笑)
・20歳の誕生日を迎える話題。「落ち着いた大人になる」と目標を宣言するも、隣で真夏がハプニングを起こしうやむやに(笑)
平田梨奈が18歳になると言ったあと、自分は20歳になると言わされ拗ねる

川後陽菜
・ルックスが最高に俺好み
・ゲームの場面で鋭い閃きを見せる。賢い。
・モニターだけでなく観客の実際の反応や表情をかなりチェックしているように感じた。どちらかというと、自分の喋った場面より、他の出演者のメインになったシーンで。
・座ったときの姿勢がいい

秋元真夏
・何事もそつなくこなす
・決してでしゃばらない
・雰囲気が重くなったり、他メンバーが行き詰まったときにパッと出てこれる。度胸がすごい。
・ヒット率高し
・超優秀
・歌下手弄り

伊藤万理華
ツインテール
・めちゃくちゃかわいい
・リアクションの表情がユニー
・見てて楽しい
・ノリがいい
・感情は素直に出る一方で、言葉はかなり考えて発せられてる感じ。良くも悪くも。

井上小百合
・黙り込むシーンがかなり多い
・会話のキャッチボールができていなくて不安になる
・永野をやったときの憑依がやばい

能條愛未
・美人
・姿勢がいい
・はきはきしている
・真剣に番組に向き合ってるなという印象

平田梨奈
・美人
・スタイルがめちゃくちゃ良い
・全員にタメ口。態度もでかい(笑)
・まだ18歳になったところという衝撃
・卒業するみたいで残念です...

個人への印象はこんな感じで。

北野が目標を宣言するときのハプニングというのは、ゲームで使う頭に巻くバンドが真夏だけ一周回らず届かないというものでした(伝わらない)


そろそろ終わりです。

収録は新制服でした。

生で見るのは初めてでしたがかわいいですね。

ちょっと襟が窮屈かなとは思いましたが。

年少組はループタイ(?)が付いていました。

平田梨奈の着ていた衣装がAKBの制服なのかはわからないのですが、やはりスカート丈がかなり違いますね。

舞台で集合写真を撮っているときは平田さんの太ももばかり見てしまいました。

乃木坂は膝丈のスカートで、ライブのアンコールのときだけ少し短い丈にきゅんきゅんさせてくれればいいと思います(笑)

最後です。

よくTwitterなどでMCの芸人に対してでしゃばり過ぎだという意見を目にします。

自分も思うことはあります。

ただ、実際に収録を見ているとメンバーが黙ってしまう場面がかなり多いです。

ドランク鈴木も「黙ることだけはないように。とにかく喋って」とかなり繰り返し伝えていました。

3時間の撮影でしたが、メンバーがしっかり喋ったシーンだけで60分の番組を作るのはかなり至難の技だと思います。

ましてや乃木坂と一回きりの共演になる芸人に、でしゃばらずメンバーを活かしてくれなんていうのは相当な無茶なんだろうと...

ドランク鈴木がうるさいのは事実です(笑)

でも悪い人ではないと思いました。

撮影の合間にも観覧の方にずっと喋りかけてくれていましたし。

皆さんも、こういう間の時間のメンバーの素の様子が見たいですよねー。いつもこうなんですよー。とか言ってました。

北野に20歳の目標を宣言するよう促してもいました。

別に収録通して鈴木を好きになったとかはありませんが。。。

あと、芸人の声の張り方ってすごいですね。プロです。


当日残したメモに従って書いてきました。

記憶が曖昧な部分もありますがこんな感じです。

公開収録とても楽しかった!

BS-TBS契約してる人はぜひオンエア見てみてくださいね。僕は見られませんが。

以上∩ω∩♪♪

最近のこと

ここ数日のみなみちゃんはブログも立て続けに更新し、メールも送ってくれて楽しそうです。

でも僕は意外と、なにも情報がないときの方が安心したりしています。たぶん平穏に暮らしているのだろうと。

楽しそうな姿を積極的にアピールされると逆に無理してるんじゃないかなと思ってしまったり。

まあ自分が自分で楽しんでることを周りにわざわざ伝えたがるタイプじゃないからなのですがね。

あ、ライブ直後のTwitterは別です。

おわり

深川麻衣さんの話

深川麻衣卒業公演@静岡エコパアリーナが今日から始まりますね。静岡に向かう電車でこのブログを書いています。

正直な話、いまだにアイドル深川麻衣をどういう軸で評価すればいいのかわかりません。

自分の深川評は一貫して、無難で人畜無害というところに留まってきました。好きでも嫌いでもありません。

問題を起こすわけでも足を引っ張るわけでもなく、かといってライブや番組で大きなインパクトを残すこともそうそうない。

そもそもパフォーマンスというところで言えば、僕はライブで深川に目を奪われたという機会が一度もないのです。

グループ最年長、聖母、アンダーからの這い上がりといった特徴はありますが、パフォーマンスやキャラクターの面から福神常連ましてやセンターを務めるほどのメンバーなのかということに疑問もありました。(その人柄ゆえに握手は文句なしに売れているのですが)

しかし僕の評価とは裏腹に、深川麻衣はここまで盛大に卒業を祝われる存在となっています。

運営にここまで期待させる深川オタの購買力恐るべし、とか思ったりもするのですが、単純にその人柄と結成からの献身的な姿勢が積もりに積もって成果となったものなのでしょう。

前に新内のANNで深川麻衣が登場したとき、「深川は典型的な2推しの女からの成り上がり」とツイートしました。

この考えに今も変化はありません。

野心を押し隠し続けた2推しの女が最後の最後でどのような牙を見せるのか、この2日間存分に楽しませていただきたいと思います。

それでは、ばいにゃーん∩ω∩♪♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6月16日24時を迎えようとしています。

2日間の深川麻衣卒業コンサートが終わりました。

最後にはちゃんと深川のこと好きになって終われましたよ!!

ひとりのアイドルの最期に立ち会うという経験は初めてだったのですが、とても穏やかな気持ちです。

なぜ僕が深川のことを好きになれたのか書こうと思います。

この2日間を通し、僕の深川評が変わることはありませんでした。好きでも嫌いでもないと感じていた軸の部分です。

では卒コンで何が変わったか。

それは初めて深川の姿勢や言葉に重みを感じることができたところ。

おそらく多くの人がすでに感じてきていた部分なのでしょう。だからみんな深川のことを好きになる。

でも僕はそれを感じるのが最後の最後になってしまいました。

もう少し細かく書きます。

今回のライブで深川は何度も泣いていました。

しかし、メンバーと向かい合ったときは、相手がどんなに大泣きしていても深川はずっと穏やかな笑顔でした。

オープニングなどで深川が涙するシーンをいくつも流されていたのに、この舞台で他のメンバーを包み込む笑顔を見せる深川に、その信念の強さを思い知らされました。

最期までファンや今後の乃木坂を気遣う姿は永島とも共通していたのかな、なんて思います。

他にも小さなきっかけはライブのなかにたくさん散りばめられていましたが、人間としてそしてアイドルとしての深川麻衣の信念と、メンバーの見せた心からの涙が僕に新しい気持ちを与えてくれました。

最後の瞬間を見届けるときになってやっとその魅力に気づいたことに後悔はあるか、もっとはやく気づいていればという後悔があるかと言えば、答えはNOです。

ここ以外にはない然るべきタイミングだったのだと思います。

会場を出ると思ったより寒く少し強い風が吹いていました。

夏に向けて新たな形で一歩踏み出す乃木坂46

大きな存在を失った乃木坂がこれからどんな姿を見せてくれるのか、このグループを見守っていきたいなと改めて考えることができる素敵な2日間でした。

それでは、ばいにゃーん∩ω∩♪♪

15th選抜発表から思うこと

15th選抜が発表されましたね。

f:id:nogi_hoshimina:20160610150248j:plain

次世代(センター様と3列目)になってしまいました。

2列目と3列目に序列としての大差はないと思っているのですが、今回のみなみについては間違いなく前作以前より軽視されたポジションだなと感じます。

フロント組の身長が比較的高い印象の乃木坂で、福神復帰後のみなみは2列目端のポジションを与えられていました。一方15thでは3列目の下手側2番目、しかも一列前には高山と衛藤が並びます。

夏のfree&easyなどでもそうでしたが、パフォーマンス中結構な時間隠れてしまうことは避けられないでしょう。

選抜発表での言葉についてはあれがアイドル星野みなみとしての本心なのでしょうね。気に入らないですが。

素の部分でもっと違う感情を抑圧していたらいいなと望んでしまいます(笑)

自分の積み重ねに対し得られる成果を正しく判断できるというのは素晴らしいことですが、そこに妥協や諦め、悪い意味での納得感が混ざり込んでしまうと情況は悪化の一途を辿ることでしょう。

選抜落ちしたのは万理華と井上でした。このふたりは乃木坂のなかで独自の地位を確立しています。乃木坂という冠さえあれば、グループ内で選抜や福神といったある種の付加価値を与える必要はないと判断されたのかもしれません。

個人的には18人選抜でもよかったと思うのですけどね...

その観点から見ると星野みなみは現選抜のなかでもそういった称号がトップクラスに必要なメンバーだと感じます。

レギュラー番組などではかなりのアベレージヒッターですが、アイドルという(乃木坂という?)枠を取っ払ったとき個性という面で弱さがあるのかなと。

ともあれ、15thシングルで福神という付加価値は外されました。

コメントからもわかる通り、本人に選抜から外れるという頭はなかったようです。僕にもありませんでした。

しかし今は非常に不安な気持ちです。

運営が北野・中元を一作で選抜から外すことを嫌えば、自ずとアンダー候補にはみなみも浮上してきます。

今野さんの飛鳥とみなみの化学反応を期待する旨の発言もありますが、その発言が選抜を保証するものではないでしょうし。

3期生のことも相まって、ガールズルール・バレッタのときに似た嫌な予感です(笑)

もはや握手券は売れて当たり前ですからね~

僕は支えたい😭というタイプのオタクでもないので、ここでオタクがどうするべきとかみなみの努力が云々とか書く気はありません。でも完売速度は重要らしいですよ!!

まとまりなく書いてきましたが、夏はお仕事がないってことはないのでとりあえず安心です。

あしゅみなでドラマ決まりましたね!よかった!

https://youtu.be/zAT0eznivmA

新選抜3列目楽しそうです。3列目仕事あったらいいなぁないかなぁ。

46時間テレビもありますね。みなみちゃんは夜中も出演可能です。

ネタが尽きたので終わりにしますね。

それでは、ばいにゃーん∩ω∩♪♪

こだわりを捨てるということ

夏ですね。

こんにちは。ブログ始めました。

推しに負けないよう頑張って更新していきます。

f:id:nogi_hoshimina:20160607120220j:plain

乃木坂工事中で15thシングルの選抜発表がありました。新センターは齋藤飛鳥です。

永島聖羅深川麻衣の卒業に続いて次世代と呼ばれていたメンバーの新センター抜擢。乃木坂46として大きな転換期に差し掛かっていることは間違いないでしょう。

そして6月4日にはその深川麻衣の卒業前最後の握手会が行われていたそうですね。

この日僕は夜中の2時に目が覚めました。たった2時間しか眠っていないとは思えないほど覚醒してしまい、一人暮らしの孤独な夜を過ごすこととなります。

夜中ってムラムラしますよね(唐突)

こういう状態です。

普段はここらで一発抜いて再び眠りにつくのですがこの日は違いました。

"風俗に行こう...!!"

風俗情報を漁りながら抜かずに朝を迎えた僕がこう決心したのは午前10時頃でした。

彼女いない歴=年齢、もちろん童貞キスすらまだの僕にだってこだわりはあります。「やはり初めては好きな人と...」みたいな幻想?でも二十歳を目前として人を好きになる感情が損なわれているような気がしてたんですよね。

ということでやって来ました。風俗。ちなみにソープじゃなくて箱ヘルです。本番なし。自分でもこういうところダメだなって思います。(←メンタルよりは財布の問題ですが)

PM12時、横浜市某駅に降り立ちました。お店はそこから徒歩5分程度のところ。

使い慣れた駅ゆえ道は心配ないのですが、異常な緊張に襲われます。精神安定剤Twitterでさえ、そこは握手レポで賑わう別世界。ぶっちゃけ深川のラスト握手なんて知らんこっちゃない、俺の心拍数をどうにかしてくれという感じです。

目当ての女の子は決めていました。

f:id:nogi_hoshimina:20160607123604j:plain

↑この子です。
自撮りなうえにがっつり削られた顎と必要以上に大きく補正された目で不信感が漂いますが、なにかピンときました。

本来なら事前に電話予約するべきなのでしょうが、午前中のためか常に待機中になっていたことと、最悪チキっても引き返せるよう直接店舗に行くことにしていました。

12時過ぎ、とりあえず店の場所を一度確認し、コンビニでリポDを飲みます。そして気持ちを固めついに店舗へ...

雑居ビルの3階にある受付を訪ねると、眼鏡の気の良さそうなおじさんが立っていました。サイトで調べた通り目当ての女の子を指名すると、現在プレイ中のため14時30分頃まで待ってほしいとのこと。

正直、ムラムラ以上に緊張が勝っていたため少し救われたような気持ちです。とりあえず前金で料金の
1万円(総額。たぶん安い。)を払い一度店を出ました。



ここらへん暇潰しの時間です。いくちゃんが太郎って言ったり、やすすが欅の2ndに言及してました。

時間を待つ間ある不安に襲われます。

「もしかして緊張で勃たないのではないか...」

今までまとめサイトや初めての風俗レポでそんな話をいくつも見てきました。

そこで僕は中古ゲームショップに入ります。暖簾をくぐって気持ちを昂らせようという判断です。

乃木坂ちゃんが流れていて雰囲気も糞もありません...

結局コンビニのトイレで天使もえの動画を見ながら愚息を目覚めさせ14時を迎えました。(お店の人ごめんなさい)

指定された時間の通り僕は店に到着。相変わらずの心拍数と不安ではありましたが、受付のおじさんの笑顔にも助けられ、なんとか平静を装って控え室に通されます。狭い控え室には一人きりです。エロ漫画を読む余裕などもなくただひたすら水を飲みました。せっかくトイレ済ませてきたのにね。

5分程度控え室にいたでしょうか。準備ができたと呼ばれカーテンの前に立たされます。この薄い布を隔てて向こう側にはお目当ての嬢がいる。この緊張感は握手レーンで自分の番が近づき、スタッフを挟みながらメンバーを感じているようなあの感覚です。

受付のおじさまから注意事項を聞きついにカーテンが開きます。

僕「(あれ、思ったより太ましい......?)」

これが嬢と向かい合って最初の感想です。
嬢のプロフィールではT150・94(F)・59・88。なるほど、おそらく身長は合っているものの、ウエストの数値は当てにならないというのは本当ですね。ここまでとは思いませんでしたが。しかし愛嬌のある顔をしてます。全然許容範囲です。

f:id:nogi_hoshimina:20160608043343j:plain
↑マックスに美化するとこんな感じ

嬢に手を引かれ部屋に入ります。想像以上に狭い部屋と、建物の都合上つけられっぱなしになっているというテレビに少し驚かされます。

ふたりベッドに座るとしばらく雑談タイムです。ここでかなり有意義な情報も得ることができました。これは秘密です。また、新人だと聞いていたのでその話を振ると、この店には入ったばかりだが川崎でソープも兼任してるとのこと。業界未経験の子探せばよかったなあと思わず考えてしまいます。(こういうところがオタク)

この段階で緊張は嘘のように消えていました。そもそもこのレベルの嬢を前に緊張しているのがおかしいのだという悪質な開き直り。

50分のうちシャワーなどの時間を覗けばプレイ時間は30分程度になるのでしょうか。内容は省きますが、落ち着き払った僕に死角はありません。サイトで調べて頭に叩き込んだ嬢ができるプレイは一通りこなしてもらいました。

途中僕が攻めになったとき相手も申し訳程度に喘いでいたのですが、やめてくれみたいな顔をしたらすぐにやめてくれました。

終盤、すごいことに気づきます。垂れた腹が隠れ、目を細めると、嬢がひめたんに見えるのです。

10thシングル何度目の青空かで初めて個握に参加したとき、僕の握手童貞を捧げたのがひめたんでした。初めてこういう体験をする女性もひめたん(っぽく見えるときもある)ということで、これはなにかしらの運命なんだと思っています。

50分という時間はあっという間に終わります。最後にシャワーを浴び、また少し雑談をして部屋を出ました。一度冷静になってから受けるお別れのキスは少し引きますね、あれ。

雑居ビルを出ると気温も下がり冷たい風が吹いていました。駅前は相変わらず多くの人が行き交っています。

僕はこの経験が自分の世界を大きく変えてくれるものだと信じていました。

しかしどうでしょう。もちろん気持ちに充実感はあるのですが、目に見える世界の色は変わらず、曇り空は重くのし掛かります。

少し昼寝をしてバイトに行きました。顔が疲れてると言われました。寝不足ですからね。

こういう体験が人生を変えるなんていうのは、極一部に限られた話。よほどそれをコンプレックスに感じている場合でないと世界に色が差すことなどないのでしょう。

コンプレックスというのは鎧でしょうか。こだわりというのも実は鎧なのかもしれません。もともとたいした鎧を装備してない自分にとって、この転機は大きな意味を持つものではなかったのでしょう。それとももしかしたら、実はこだわりを捨てきれずにいるのかもしれません。

今の乃木坂選抜に言われるマンネリというのも、鎧なのではないかと思います。頑丈な鎧というのはとても信頼が置けるものです。しかしその重い鎧はどんどんと体力を奪い、いつしか自分の行動を制限するものとなってしまいます。身動きが取れなくなったとき乃木坂はどうなってしまうのでしょうか。

15thの選抜、大きな改革があったように見えて実は内情が大きく変わったものではないと感じます。こだわりを捨てたように見えて、実はまだ鎧にすがり自分を守ろうとしてる。身を軽くして敵陣に踏み込んで行くような攻めの姿勢が求められるのかもしれません。齋藤飛鳥はその先陣を切っていく資質が大いにあると思います。センター抜擢のタイミングとして決してはやいものではないでしょう。

2015年、全ツfinal@神宮球場で語られた桜井玲香の言葉「勝ちたい」。紅白後、いまいち目的のはっきりとしないまま活動が続くなかで、改めてこの言葉の意味を問い直し噛み締めるのもいいんじゃないかと思います。1年経ってどんな景色が神宮で見られるのか楽しみです。まあ、バースデーライブなので大きな変化はつけにくいかもしれませんが。

そろそろまとめに入りましょうね。

とりあえず箱ヘルの指名料込み1万円は良い投資だったと感じています。嬢もあの子でよかった。めちゃくちゃかわいいわけでもなく、ところどころテキトーなサービス。その気軽さには悪い印象もなく、かといって今後風俗にどハマりすることもないでしょう。

でも耳掻き店と川崎のコスプレソープは行きたいなあ(笑)

はい、ということでかなり長編となりましたが全ツに向けて新生乃木坂46期待してます!!

みなみ、ひめたん、きいちゃん、あしゅりん、選抜おめでとう!!飛鳥ちゃん、センターファイト!!

途中みなみに関してかなりぐだぐだ書いたのですが、長くなりすぎたのでまた別記事にします。気が向いたらですが。

それでは、ばいにゃーん∩ω∩♪♪